Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/sinxcerity/www/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/sinxcerity/www/wp-content/plugins/wp-markdown/markdownify/markdownify.php on line 299

Warning: Declaration of Taxonomy_Drill_Down_Widget::init($file) should be compatible with scbWidget::init($class, $file = '', $base = '') in /home/sinxcerity/www/wp-content/plugins/query-multiple-taxonomies/widget.php on line 0
注意喚起 | Individualzy 注意喚起 – Individualzy
Warning: array_merge(): Expected parameter 2 to be an array, bool given in /home/sinxcerity/www/wp-content/plugins/wp-pagenavi/scb/Options.php on line 62

注意喚起

不安を煽る事にもなるので書くべきか迷ったが、書くことにした
俺も原発に関してはズブの素人なので責任を持って明確に指示する事などできないが
ここを見た人達には、是非、リンク先の内容をよく読んで各自で判断してほしい

Second Explosion At Fukushima Nuclear Plant (March 14, 2011)

これは東日本だけの問題ではないです

まずNYTimesの13日の記事だがこれは英文なので要約を読んでほしい

Radioactive Releases in Japan Could Last Months, Experts Say

(要約)

日本とアメリカの専門家によると、福島第一原発の事故による放射線物質を含む蒸気の放出は、
今後、数週間から数ヶ月は続く可能性があるという見解を示した。
福島第一原発では、2基の原子炉の炉心が完全に炉心溶融を起こしている。
日本の政府関係者は、2基の原子炉の炉心溶融を「部分的なもの」と説明し、
施設の外で測定したという放射線量も低い値を報告している。

しかし、アメリカ国防総省の職員によると、原発から60マイル(96.6km)も離れた場所の
上空を飛行していた軍のヘリコプターから、放射性物質であるセシウム137とヨウ素121を検出した。

第二次世界大戦の最後の数日に、連続して核爆弾を落とされた恐怖が
国民と国とに重くのしかかっている日本では、政府は国民に対して
「これから数ヶ月も放射性物質を輩出し続けることになる」
という衝撃的な報告は言いにくいだろう。

しかし、現在、日本の技術者には選択肢はほとんどない。
ダメージを受けた炉心は、海水などで冷やし続けなければならず、
その間、放射線物質を含む蒸気を大気中へと排出し続けなければならない。
これは、1年以上も続くかもしれない。この期間、避難している何万もの人たちは自宅に帰ることはできないし、
内陸に向かって風が吹けば放射線物質は都市部へと運ばれる。

www.nytimes.com

米軍の空母が既に160km沖合いまで退避しているのは事実だ

次に原発の設計施工サイドの方の話

原発がどんなものか知ってほしい

(要約)
「なぜ、原発は廃炉や解体ができないのでしょうか。それは、原発は水と蒸気で運転されているものなので、
運転を止めてそのままに放置しておくと、すぐサビが来てボロボロになって、穴が開いて放射能が漏れてくる からです。原発は核燃料を入れて一回でも運転すると、放射能だらけになって、止めたままにしておくことも、 廃炉、解体することもできないものになってしまうのです。 

先進各国で、閉鎖した原発は数多くあります。廃炉、解体ができないので、みんな「閉鎖」なんです。閉鎖とは発電を止めて、核燃料を取り出しておくことですが、ここからが大変です。 

放射能まみれになってしまった原発は、発電している時と同じように、水を入れて動かし続けなければなり ません。水の圧力で配管が薄くなったり、部品の具合が悪くなったりしますから、定検もしてそういう所の補修 をし、放射能が外に漏れださないようにしなければなりません。放射能が無くなるまで、発電しているときと同じように監視し、管理をし続けなければならないのです。」 

次に反原発サイドの方の話

原発の弱点、放射能は運転停止後も発熱し続ける
(要約)
核分裂生成物からの発熱量は、電気出力100万kw(熱出力300万kw)の原子炉の場合、
運転停止1分後で12万kwもある。
運転停止後は、半減期が短い短寿命の放射能が急速に減っていくので崩壊熱も減衰していく。
それでも1時間後に42000kw、1日後に17200kw、1週間後でも9000kwの発熱がある。
9000kwの熱を加えれば、1トンの水が1分間で沸騰してしまう。
停止後どのぐらい過ぎれば空気への自然放熱だけでメルトダウンにならないかということは、
反原発サイドの専門家も確かなことは言えないようだ。3ヶ月?1年というところらしい

再度、設計施工サイドの方の話

プールの使用済み核燃料もメルトダウンの可能性

1号機が爆発した際、原発の建屋の5Fに核燃料プールがある事にはどのメディアも言及していなかったのは何故だ?
原子炉は図解して説明する、しかしプールに関しては図解しないのは何故?

1号機爆発の際、枝野官房長官が「3号機再臨界させない」と発言したのは何故か?

そして15日、今朝のNHKニュース

3号機核燃料プール 覆いなし

作業現場では45万μsv/hを超えているという話も入ってきている

避難の必要はない→避難地域がどんどん拡大
放射能漏れはない→大量の放射能漏れ
水蒸気爆発はない→大規模な爆発
メルトダウンはない→メルトダウンの可能性高まる
被曝者は発生しない→多数の被曝者
東京は大丈夫です→

追記:time 12:00

nGy/h(ナノグレイ毎時) は1時間あたりのガンマ線の値
ガンマ線は1000nGyを超えたら警戒レベルとされてる

μsv/h(マイクロシーベルト毎時)は1時間あたりの中性子線の値
中性子線は100000μsv(100msv)を超えると人体に影響があるとされている

1nGy/h=0.8nsv/h
1nsv/h=1.25nGy/h

面倒なのでこの事態においてはほぼ1:1で考えていいだろう

空間放射線は通常運転時

晴れの日 20?50 nGy/h
雨の日  50?200 nGy/h             

環境放射線監視センター
(13:00現在、サイトダウン中)

15日00:50

15日08:50

福島原発1号機3号機 被害状況の衛星写真

追記:time 14:00

放射能漏れレベル

普段の日本
0.05?0.2μSv/h
現在の東海村
5?7μSv/h
現在のチェルノブイリ中心付近
3.4?3.9μSv/h 空気中14?25μSv/h
福島原発
400000μSv/h ←現在のチェルノブイリの100000倍の放射能

第一原発

1号機:水位下がってるけど大丈夫→爆発

2号機:格納容器は頑丈だから大丈夫→爆発、格納容器に損傷し大量の放射能漏れの恐れ

3号機:弁が直ったから大丈夫→大爆発、剥き出しになった燃料貯蔵プールから蒸気

4号機:停止してるから大丈夫→外壁破損、火災

客観的に見てぜんぜん大丈夫じゃない
政府としてパニック回避に留意する気持ちはわかる
だけど安易に「大丈夫」という言葉を使わないでほしいし
全てが場当たり的な最小限のミニマム対応のように見える
取られている安全策にしても、避難させる範囲にしても
移動をしいられている被災者の方々がこれではまるで落ちつけ無い
10km、20km、30kmと政府の発表が変わる度に移動しなければならない
最初から100km?200kmと100km単位で発表しておけば移動は最小限で済むというのに

<<関連の記事>>
<<人気の記事>>